家族葬の
ご案内
塩尻市のお葬式-家族葬・少人数でのご葬儀

現在一番選ばれているお葬式のかたち「家族葬」。
広伸は家族葬会館ならではの特別な家族葬をご提案致します。

塩尻市で家族葬を行うなら実績豊富な広伸に是非お任せ下さい。
広伸では家族葬の内容・特徴・メリット・デメリットをしっかりとご説明し、
塩尻市の地域に合った広伸オリジナルの「塩尻市の家族葬」をお手伝いいたします。

塩尻市の家族葬 生花
塩尻市の家族葬 想い
塩尻市の家族葬 葬式

家族葬とは

家族葬とは、ご家族様がご葬儀にお呼びする方を親しい方々に限定し、少人数でゆっくりとお別れができる ご葬儀です。
自分たちの形で故人を送り出したいという想いから増えているお葬式のかたちです。
親しい方で見送る家族葬ですので、ご近所やお仕事関係の方は基本的にお呼びせずに行います。 宗旨宗派については、宗教者を招かない自由葬(無宗教葬)での対応も可能で、
キリスト教式・神式・友人葬(創価学会式)も対応可能です。

家族葬の内容・プラン

家族葬プランの総額費用例

基本セット価格とその他必要なものをすべて合わせた葬儀総額をご紹介 します。実際に行った葬儀の施工例の金額ですので、葬儀の後になって 追加する費用等はない本当の総金額です。
ご予算に合わせて一人ひとりに合った内容をご提案させて頂きます。

家族葬 家族葬プラン
祭壇は参考例です
お迎え > ご安置 > 通夜式 > 火葬 > 告別式 > 初七日

目安人数:20名程度

お身内様と親しい方を中心に少人数でのセレモニーを致します。
ゆっくりと気兼ねなく感謝を込めてお送りいただけます。

→ こんな想いの方におすすめのプランです
  • ゆっくりと親しい人達だけでお見送りしたい
  • 20名くらいの少人数でのお葬式をしたい
  • 費用は押さえたいが、通夜式や告別式は行いたい

家族葬・お身内だけでお送りしたい方向け

家族葬内容
案内

以下に家族葬のプラン内容・サービスをご案内致します。
追加したいご希望がございましたら、柔軟に対応いたしますので、
ご相談下さい。
アイコン説明

家族葬プランに
含まれている内容です。

プラン金額に含まれていない
ですが、必要になる内容です。

追加

状況や希望に応じて追加したり
変更する内容です。

ご逝去~ご安置

枕飾り一式
枕飾り一式
枕元に枕飾りをご用意します。線香・ローソクセット
ドライクーラー
ドライクーラー
[1日分]
ドライクーラーにてご遺体を保存します。
寝台車
寝台車
逝去先~安置場所へ。距離別、時間帯別、時季別の料金体系になります。
搬送布団セット
搬送布団セット
搬送時に利用するお布団です。
枕花
枕花 一対
枕元に飾ります。
役所手続き一式
役所手続き一式
死亡届・火葬場手続き代行致します。
追加ドライクーラー
追加ドライ
クーラー
2日目からのドライクーラー料です。
追加
安置室利用
安置室利用
自宅で安置できない場合は当社の安置室をご案内します。
追加

納棺・通夜~出棺・火葬

位牌・書物一式
位牌・書物
一式
位牌等必要なものをご用意致します。
棺
桐棺になります。
納棺立会い
納棺立会い
副葬品を棺の中に入れられます。
葬具一式
葬具一式
お葬式に必要な葬具・旅支度をご用意致します。
霊柩車
霊柩車[基本料]
安置場所~斎場への基本料金になります。
火葬場用品
火葬場用品
火葬に必要な品をご用意致します。
ご遺影写真
ご遺影写真
四つ切・キャビネの二種類になります。
納棺花
納棺花[生花]
納棺の際、生花を共に捧げます。
通夜料理
通夜料理
お振舞する方の数によって変動します。
飲物
飲物
通夜式・告別式・火葬場等お振舞に飲物をお付けします。
火葬場生花
火葬場生花
火葬場にて手向ける生花をご用意します。
火葬場料理
火葬場料理
お振舞する方の数によって変動します。
ケータリング料金
ケータリング
料金
料理の配膳、サービス等に対する価格です。
自宅飾り一式
自宅飾り一式
[自宅通夜時]
自宅にて通夜を行った際に必要となります。
追加

葬儀・告別式

祭壇
祭壇
祭壇をおつくりします。
受付用具一式
受付用具一式
記帳類一式をご用意致します。
案内看板
案内看板
目につきやすい看板を設営します。
お膳一式
お膳一式
葬儀・告別式中に使用する故人様へのお膳となります。
設営費
設営費
祭壇や式場設備の設営費になります。
空調費
空調費
会館設備の空調費になります。
奉仕料
奉仕料[3名分]
当社スタッフが奉仕致します。規模と人数により変動します。
返礼品
返礼品
返礼品はお迎えする方の数により変動します。
礼状セット
礼状セット
礼状はお迎えする方の数により変動します。
告別式料理
告別式料理
お振舞する方の数によって変動します。
飲物
飲物
通夜式・告別式・火葬場等お振舞に飲物をお付けします。
ケータリング料金
ケータリング
料金
料理の配膳、サービス等に対する価格です。
生花
生花
故人様に捧げる生花をご用意したします。
お供え
お供え
供物、お供えの手配を行います。
マイクロバス
マイクロバス
[1台目]
移動に便利なバスをお手配します。
追加

葬儀後

自宅後飾りセット
自宅後飾り
セット
後飾り壇一式をご用意致します。
追加

● 別途費用 : 火葬料金・寺院等へのお礼 等
● セット価格は特別価格となりますので、セットの取崩しはご容赦ください。
● 掲載している内容は、平成28年4月1日現在のものです。
  諸般の事情により、予告なく変更することもありますのでご了承下さい。

家族葬 花祭壇プラン 木蓮
祭壇は参考例です
お迎え > ご安置 > 通夜式 > 火葬 > 告別式 > 初七日

目安人数:20名程度

少人数で生花の色合い鮮やかなセレモニーを致します。
通常の家族葬内容に加え、生花祭壇が追加されたプランです。

→ こんな想いの方におすすめのプランです
  • 故人の好きだった生花で送ってあげたい
  • 20名くらいの少人数でのお葬式をしたい
  • 費用を押さえたいが、故人に合ったお葬式内容をしたい

家族葬・お身内だけで特別なお送りしたい方向け

家族葬内容
案内

以下に家族葬とプラン内容・サービスをご案内致します。
追加したいご希望がございましたら、柔軟に対応いたしますので、
ご相談下さい。
アイコン説明

家族葬プランに
含まれている内容です。

プラン金額に含まれていない
ですが、必要になる内容です。

追加

状況や希望に応じて追加したり
変更する内容です。

ご逝去~ご安置

枕飾り一式
枕飾り一式
枕元に枕飾りをご用意します。線香・ローソクセット
ドライクーラー
ドライクーラー
[1日分]
ドライクーラーにてご遺体を保存します。
寝台車
寝台車
逝去先~安置場所へ。距離別、時間帯別、時季別の料金体系になります。
搬送布団セット
搬送布団セット
搬送時に利用するお布団です。
枕花
枕花 一対
枕元に飾ります。
役所手続き一式
役所手続き一式
死亡届・火葬場手続き代行致します。
追加ドライクーラー
追加ドライ
クーラー
2日目からのドライクーラー料です。
追加
安置室利用
安置室利用
自宅で安置できない場合は当社の安置室をご案内します。
追加

納棺・通夜~出棺・火葬

位牌・書物一式
位牌・書物
一式
位牌等必要なものをご用意致します。
棺
桐棺になります。
納棺立会い
納棺立会い
副葬品を棺の中に入れられます。
葬具一式
葬具一式
お葬式に必要な葬具・旅支度をご用意致します。
霊柩車
霊柩車[基本料]
安置場所~斎場への基本料金になります。
火葬場用品
火葬場用品
火葬に必要な品をご用意致します。
ご遺影写真
ご遺影写真
四つ切・キャビネの二種類になります。
納棺花
納棺花[生花]
納棺の際、生花を共に捧げます。
通夜料理
通夜料理
お振舞する方の数によって変動します。
飲物
飲物
通夜式・告別式・火葬場等お振舞に飲物をお付けします。
火葬場生花
火葬場生花
火葬場にて手向ける生花をご用意します。
火葬場料理
火葬場料理
お振舞する方の数によって変動します。
ケータリング料金
ケータリング
料金
料理の配膳、サービス等に対する価格です。
自宅飾り一式
自宅飾り一式
[自宅通夜時]
自宅にて通夜を行った際に必要となります。
追加

葬儀・告別式

祭壇
祭壇
祭壇をおつくりします。
受付用具一式
受付用具一式
記帳類一式をご用意致します。
案内看板
案内看板
目につきやすい看板を設営します。
お膳一式
お膳一式
葬儀・告別式中に使用する故人様へのお膳となります。
設営費
設営費
祭壇や式場設備の設営費になります。
空調費
空調費
会館設備の空調費になります。
奉仕料
奉仕料[3名分]
当社スタッフが奉仕致します。規模と人数により変動します。
返礼品
返礼品
返礼品はお迎えする方の数により変動します。
礼状セット
礼状セット
礼状はお迎えする方の数により変動します。
告別式料理
告別式料理
お振舞する方の数によって変動します。
飲物
飲物
通夜式・告別式・火葬場等お振舞に飲物をお付けします。
ケータリング料金
ケータリング
料金
料理の配膳、サービス等に対する価格です。
生花
生花
故人様に捧げる生花をご用意したします。
お供え
お供え
供物、お供えの手配を行います。
マイクロバス
マイクロバス
[1台目]
移動に便利なバスをお手配します。
追加

葬儀後

自宅後飾りセット
自宅後飾り
セット
後飾り壇一式をご用意致します。
追加

● 別途費用 : 火葬料金・寺院等へのお礼 等
● セット価格は特別価格となりますので、セットの取崩しはご容赦ください。
● 掲載している内容は、平成28年4月1日現在のものです。
  諸般の事情により、予告なく変更することもありますのでご了承下さい。

広伸の家族葬

広伸だからできるオリジナルの
家族葬をご案内致します。

ご家族に合わせた家族葬祭壇をご提案させていただきます。
季節に合った色鮮やかな生花を、一つ一つ心のこめてあしらいいたし
ます。また、手作りの祭壇の他、故人様の好きだった音楽を流したり、
映像によってありし日の姿を目に偲んでいただくこともできます。
塩尻市での家族葬を行う際はぜひご相談下さい。

家族葬の祭壇例
塩尻市 家族葬の祭壇例

家族葬の特徴

家族葬 遺族たち
少人数で行うお葬式 家族葬の
メリットとデメリット

近年の核家族化や社会的な経済事情から、限られた人のみのお葬式の
ニーズが強くなり、「家族葬」という新しい葬儀のかたちが生まれました。
家族葬は「少人数で行うお葬式」という特徴からメリットがある一方で、
デメリットも存在します。
希望のお葬式が家族葬というかたちで合っているか、広伸では
内容と特徴をしっかりと説明し、満足できるお葬式を実現致します。
以下にメリットとデメリット例を簡単にご紹介します。

家族葬のメリット
メリット
その1
ご遺族様の精神的・体力的な負担が軽くなります。
これまでのお葬式では、予想される参列者の人数を踏まえ、会場や食事を手配、香典返しなどの準備を整え、葬儀中には参列者の対応を行う必要があり、体力的、精神的な負担がありました。
家族葬では身内や親族、親しい友人しか参列しないため、準備時間が減り、周囲に気を遣うことなく、故人を考えて葬儀当日を迎えられます。
メリット
その2
葬儀内容をより故人様に合わせて決められます。
家族葬では親しい方を中心にお葬式を行いますので、一般的なお葬式より より自由にお葬式内容を決めやすくなります。故人のご希望や、遺族 の送り方をしたいという想いをかたちにしやすくなります。
メリット
その3
ゆっくり偲ぶ時間をつくりやすくなります。
葬儀を実際に行った方で、当日はとても忙しく、あっという間に終わって しまったという感想を持たれる方もいらっしゃいます。実際にお葬式は たくさんの内容が含まれていますので、ゆっくり落ち着く時間をとれない 場合がございます。しかし、家族葬は気心がしれた方で別れをしますの で、通常のお葬式よりも故人を偲ぶ時間をとりやすくなります。
家族葬のデメリット
デメリット
その1
周りの方にご説明が必要です。
親族や参列できなかった方とのトラブルが発生しかねないことも、デメリ ットのひとつです。親族の中には、「お世話になった近所の人や会社の 人も招かず、身内だけで葬儀を終えるなんて」と、 家族葬を行うことに 反感を持つ方がいる可能性があります。家族葬が故人の遺志によるもので あることや、なぜ家族葬を選んだのかということについては丁寧に説明し なければなりません。
デメリット
その2
葬儀後に対応が必要な場合もございます。
「家族葬なので、参列は控えてほしい」と案内をしていても、葬儀当日になって「最期のお別れがしたい」とい方が、参列することがあり、慌てて返礼品や料理などの対応に追われることもあるでしょう。
基本的に、家族葬は香典も供物も供花も、受け取りを辞退し、その内容を訃報に記しますが、「弔問は断られたが、香典だけでも」と、 香典を送る方もいます。香典を受け取った場合は、家族葬を終えた後に、香典返しを送りましょう。
デメリット
その3
香典の総額が減ってしまいます。
家族葬は、一般葬に比べて参列者が少ないため、葬儀の費用が抑えられると考える方が多くいます。
しかし、参列者が限られているため、一般葬より香典の総額が減り、葬儀費用を賄えない場合があることに注意を払う必要があります。

家族葬で行うべきか
昔ながらの一般葬で行うべきか


ご遺族

これまで、ご友人や故人の会社関係者、ご近所の方など、故人に縁のある方々に 広く訃報を知らせ故人を見送る、葬儀の在り方が一般的でした。
このお葬式の形態は家族中心の「家族葬」と区別され「一般葬」と呼ばれています。

一般的に内容や金額面での一般葬と家族葬の内容の大きな違いは、
「返礼品」と「お料理」の数による違いです。
多くの出費になってしまう印象の一般葬ですが、
香典による入金を差し引いてみると、
金額面では家族葬とかわらないケースもあります。

家族葬の形式にするのか、一般葬の形式にするのか
大切な事は故人やご遺族にとって本当に価値を感じるお葬式を選ぶ事です。

お葬式について内容や金額面の検討をされる際は広伸にご相談下さい。
経験豊かなスタッフが親身になってサポート致します。

Copyright © 有限会社 広伸セレモニー. All Rights Reserved.

ページ上部に戻る

いつでもお気軽にお問い合わせ下さい